無料で留学?!セブ0円留学を経験した僕が感じたメリット・デメリット

無料で留学?!セブ0円留学を経験した僕が感じたメリット・デメリット

こんにちは。Kazuです。

皆さんは無料で留学できるセブ0円留学というプランがあることをご存知ですか?

僕は今年の5月~8月まで、実際にセブ0円留学なるものを経験してきました。

今日はそんな僕の経験談をお話したいと思います。

セブ語学留学。でも語学学校を選択しなかった理由。

日本での仕事を辞め、23歳を迎えた今年の5月中旬から8月中旬までの約3ヶ月間、フィリピンのセブ島に無料で語学留学しました。

近年、フィリピンでの語学留学も定着してきていると思います。

英語圏であるイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア等の国々にももちろん語学学校はあります。

でも、なぜフィリピンを選んだかというと、格安だからです。

そして3ヶ月間セブの語学学校で勉強した後は、カナダにワーキングホリデービザで一年間留学しようと考えていました。

無料で留学だと聞いていたのに・・・

フィリピンの語学学校についてさっそく調べてみました。

授業時間は基本的に一日6時間以上のところが多く、それにグループレッスンが1,2時間組み込まれ、合計7,8時間の学校も多いようでした。

生徒はほとんどアジア人。

フィリピンでの語学留学は格安だとネットや友人から聞いていましたが、調べたところ、安い学校でも3ヶ月で最低50万円からでした。

フィリピンの学校の料金には基本的に学生寮代、食費(食堂のようなところで作ってもらった食事を食べる学校が多い)も含まれるとは言っても、留学予算を30万円に設定していた僕にとってはちょっと高く感じました。

これらのことを検討した結果、僕は普通の語学学校に行くのを辞めました。

そして、知人からインターンで語学学校に入れば、語学学校で働きながら1日数時間授業があることを聞いていたので、インターンの方向で調べてみたのですが、どれも半年以上が条件でさらに日常英会話が必要なところも多くありました。

これもダメかなと思っていたとき、0円留学という見出しの広告が目に飛び込んできました。

無料でセブ留学できるの?!

気になったのでクリックしてみたところ、

この某学校は、9時から18時まで(1時間昼休憩です)の内4時間は授業を受けて、もう4時間は主にコールセンターで勤務するという内容で、勤務する代わりに授業料と滞在するホテル代が無料になるという内容でした。

興味があり早速メールで連絡をとり、skypeで説明会を行ってくれるということなので、日時を決めてビデオ電話しました。

日本人スタッフの女性が対応して下さり、自己紹介から始まり、留学理由や海外渡航経験等の簡単な質疑応答、その後に学校説明でした。

その時に、入学金・教材費・3ヵ月間のビザ代・滞在中の食費は生徒側負担だと説明を受け、計算すると10万円程必要と分かりました。

要するに、完全な0円留学ではないのです。

ですが入学後に、0円留学プランとは別に、勤務時間が1時間だけ多いインターンプランがあることを知り、そちらは入学金・教材費・ビザ代も無料のプランもあったのですが、そちらの話は一切ありませんでした。

おそらく、インターンより0円留学プランの方が利益になるからでしょう。

説明会の結果、約10万円+滞在中の自分の費用+渡航代で1日4時間授業が受けれればいいかなと思い、この学校に決めました。

いざ、セブ留学へ!

学校への交通手段

学校はセブシティの中心にあり、アヤラモールという巨大なショッピングモールのすぐそばのオフィスビル内にあり便利でした。

一つ不便なのが、滞在先のホテルから歩いて20分ほど離れたところから1台通学用のバンが30分おきに出てるのですが、7人ほどしか乗れないので、満員だと次の便まで待たないといけなかったりします。

僕はバンの時間を気にするのが嫌だったので,毎日歩いていました。

ただセブは日本より暑いですし雨が急に降ることもあるので、女性の生徒はあまり歩いて通ってなかったです。

気になる勤務内容

勤務内容はというと、まさに日本のコールセンターをセブに持ってきたという感じで、日本語で対応し相手も日本人です。

部署が数部署あり、部署によってお問い合わせを受ける入電だったり、営業みたいな架電の部署だったりさまざまですが、どれも1週間あれば覚えられる仕事内容でした。

1日4時間だけなので、時間が過ぎるのが早く感じました。

授業の様子

 

授業はというと、

  • 文法
  • ライティング
  • リーディング
  • リスニング

の4教科に分かれ、1コマ50分で毎日各教科1コマづつ受けます。

各教科先生が違い、始めの1週間でレギュラーの先生が決まります。

全員が良い先生ではなく、中には授業を適当にしたり雑談ばかりする先生もいますが、先生の変更も生徒側からできます。

学校の教室内は英語以外話してはいけないとなっていますし、学校のホームページにもそう書いていますが、実際は生徒同士は日本語で先生同士は現地語で会話しています。そこはあまり厳しくないようでした。

ちなみに生徒は全員日本人で、格安で留学できることもあり、大学生や20代が約7割でした。

生徒の二極化

生徒の中には、ただセブに格安で滞在できればいいという人がいて、仕事には出るけど授業には全く出ない人もいます。

学校からしてみれば、授業料は無料提供だから仕事さえしていれば注意も何もしません。

このこともあり、授業をサボる生徒はたくさんいました。

最初の1ヶ月くらいは真面目に勉強してたけど、周りに流され遊びに行って朝起きれず遅刻するようになる人が多いようです。

このような生徒が多いせいもあって先生も適当になってしまうのかも知れません。

ですが、授業のみの1日8時間授業で留学している生徒もいますので、その人達は真面目に勉強していますし、プレゼンテーションや発音のクラスもあり、勉強に特化しています。

学校の特徴からいうと、若い年代が多く、遊びに行くグループと真面目に留学しているグループと二極化していますのでしっかり勉強したい人には向いていないと思います。

ですが、若い年代がバイト代を貯めて留学できる価格ですので、海外を体験したい人や英語に少し触れたい人にはいい学校だと思います。

留学を終えて感じたこと

今回僕は、予算内の30万円ほどで3ヶ月留学できました。

僕自身は真面目に勉強したつもりですが、偏差値30の高校に通ってたこともあり日常会話までは届かず、片言の英語ですが、

でもこの留学で勉強するコツと話すコツは掴めた気がします。

こうして考えてみると、どの学校を選んでも結局は自分の意識次第かなと思いました。