フィリピン・セブ島に留学!語学学校CAEAの料金や評判を徹底解説

フィリピン・セブ島に留学!語学学校CAEAの料金や評判を徹底解説

東南アジアに位置するフィリピンは英語話者が多く、留学先として高い人気を集めています。

なかでも、セブ島にある語学学校の「CAEA」は、英会話力の向上が期待できると評判を呼んでいます。

CAEAにはどのような特徴やコースがあるのか、内容を確認してみましょう。

ここでは、CAEAの概要や料金などについて紹介します。

CAEAはどんな学校?

CAEAは「セブアメリカンイングリッシュ」と呼ばれる、学校と滞在先がホテル一体型になっている語学学校です。ホテル一体型になっているため、部屋がきれいなのがメリットとして挙げられます。

バスタブやウォシュレット付きトイレなどの設備が充実しており、衛生的な環境で快適に語学学習を行えるのです。

さらに、エアコンや高速Wi-Fiなどの設備が整っていたり、24時間営業の日本食レストランが併設されていたりするのも魅力です。日本食レストランでは焼き魚・肉じゃが・鍋といったメニューが提供されています。フィリピンにいながら、日本人にとってなじみ深い食事を楽しめるでしょう。

CAEAの特徴とは

CAEAの特徴は、「スピーキング」「発声矯正」「リスニング」という3つの要素に特化した、オリジナルの授業を行っていることです。英語は聞く能力と話す能力の2つが必要になります。

CAEAは瞬発的に話せるようになるトレーニングと、記憶に定着させるための反復練習を授業に取り入れており、独自にアレンジしたスピーキングメソッドで英会話力の向上を目指せます。

さらに、CAEAではフォニックスを利用し、発声矯正を行っているのが特徴です。ネイティブイングリッシュスピーカーに通じる発音を身に付けられ、スピーキング力やリスニング力、リーディング力をぐんと向上させられます。

また、授業は常にマンツーマン形式で行われるのが特徴です。1対1での指導を徹底してくれるため、英語に慣れていない人や短期間で学習したい人でも安心でしょう。

授業はスケジュールが固定されておらず、個人のペースに合わせた学習が可能です。好きなタイミングで自習時間を設けるなど、1日のスケジュールを相談して自由に決められます。

日本の長期休暇や大型連休などに、通常授業を提供しているのも特徴です。そのため、長期休暇などにCAEAを利用する社会人も多く、落ち着いた環境でしっかり語学を学べます。

CAEAはどんな場所にある?

学校はキャピトルと呼ばれるセブの州庁舎から、徒歩で数分程度の場所にあります。

近隣には地元で人気のレストランやカフェ、スーパーなども点在しています。タクシーを利用すれば大型ショッピングモールの「アヤラ」に出かけることも可能です。

CAEAのコース内容やカリキュラムについて 留学先の学校選びで重要になるのが、コース内容やカリキュラムです。CAEAの授業は基本的に1コマ50分で、すべてマンツーマン形式で行われます。主なコースは以下の7つが挙げられます。

1つ目は「スピーキング特化コース」です。CAEAのコースのなかでも評判が高く、4つのメソッドを授業の柱にして、カウンセリングとレベルテストをもとに授業が構成されるのが特徴です。

メソッドはスピーキングのトレーニングクラス・発音矯正クラス、それからリスニングクラス・文章作成クラスから構成されます。

2つ目は「ビジネススピーキングコース」です。ネイティブ監修により作成されたビジネス英語専門の教材を使用して、ビジネスシーンで通用する英語を身に付けるためのトレーニングを行います。

履歴書やビジネスメールの書き方、英語面接の練習などを行うことも可能です。TOEICのスコアが600程度ある人や、日常会話レベルの簡単な英語が話せる人に向いています。

決められたコース内容を学習するよりも、やりたいことを自主的に主張したいという場合にもぴったりです。

3つ目の「TOEIC&スピーキングコース」は、TOEICリーディングやTOEICリスニングに加えて、単語やコロケーションの使い方を学習します。会話を通じて練習を行うので、効率的に英語を身に付けられるのが特徴です。TOEICのスコアが200~600程度の人に向いています。

4つ目は「シニアコース」です。シニアコースは基本的に4レッスンとなっているため、1日に6レッスンをこなすのが難しかったり、不安だったりする人に向いています。時間にゆとりを持ち、のんびりと学習したい人向けのコースです。

レッスンは1日のなかで自由に割り振りが決められるのが魅力です。たとえば、午前と午後で2レッスンずつ勉強したり、午前中に4レッスン受けて午後はプライベートタイムを満喫したりするなど、自由にスケジュールを調整できます。

5つ目に「ペア留学コース」が挙げられます。夫婦や友達同士など、誰かと一緒に留学をしたい人に向いているコースです。コースの内容はスピーキング特化・ビジネススピーキング・TOEIC&スピーキングのなかから、好きのものを選択できます。

6つ目の「付き添いコース」は、友人や家族などの付き添いとして留学を考えている人に向いています。2名で同じ客室に泊まり、そのうちの1名がレッスンを受講するという内容です。

なお、付き添い人は授業への出席および見学ができないため、注意しましょう。コースはスピーキング特化・ビジネススピーキング・TOEIC&スピーキングのなかから選べます。

7つ目は「友人家族1室3名コース」です。家族や友人など3名が同じ客室に滞在し、全員がレッスンを受講するコースです。

コースはスピーキング特化・ビジネススピーキング・TOEICスピーキングのなかから個別に選択できます。3名がそれぞれに違うコースを受講することも可能です。

コースごとにかかる料金が知りたい!

学習内容はもちろん、料金までしっかり把握したうえで、自分に合うコースを選ぶのが肝心です。スタンダードで1週間滞在した場合の料金は、それぞれのコースごとに以下の通りとなります。

「スピーキング特化コース」「ビジネススピーキングコース」「TOEIC&スピーキングコース」は、1名あたり1日6レッスンで9万4000円、8レッスンで10万円です。

「シニアコース」は1名あたり1日4レッスンで、9万1000円となります。

「ペアコース」の場合は、1名あたり6レッスンで8万8000円、8レッスンで9万4000円です。

「付き添いコース」は受講者と付き添い者の2名で、6レッスン10万6000円、8レッスン11万2000円となります。「友人家族1室3名コース」は、1名あたり6レッスンで8万2000円、8レッスンで8万8000円です。

なお、これらの料金は1週間滞在のケースであり、2週間以上の滞在だと、料金設定が異なります。また、料金は学校の都合などで変更する場合もあるため、留学前にしっかりと確認しておくのが大切です。

入学のくわしい手順を教えて!

料金を把握できたら、実際の入学手順を確認しておく必要があります。入学までのステップをあらかじめ頭に入れておくと、留学準備がスムーズになるのです。

まずは、CAEAのwebサイトを見て、学校の概要・費用・環境などをしっかり確認しておきましょう。この時点で不明な点がある場合は、電話などで質問しておくのが大切です。

入学を決めたら、webサイトの申し込みページより情報を入力し、送信します。

申し込みが済んだら、手続きに関する案内メールがCAEAより届きます。その後、留学申し込みの手続きを行い、入学金や留学費用などの振り込みを行うまでが一連の流れです。

なお、航空券の手配は自分で行う必要があるため、注意しましょう。

セブ島にあるCAEAの料金や評判を把握して賢く留学計画を立てよう!

満足のいく留学を実現させるには、料金や評判などをあらかじめ調べておくのがポイントです。

CAEAはコースの種類が豊富で、自分に適したものを選択できるのが魅力といえます。

また、設備が充実していて快適な環境で過ごせたり、レストランが併設されていたりするのも大きなメリットです。必要な情報をしっかりと下調べして、賢く留学計画を立てましょう。

(最終更新:2018年10月7日)
CATEGORY :