留学生がオススメする!日本でできる効果的な英語勉強法

留学生がオススメする!日本でできる効果的な英語勉強法

こんにちは、今日はおすすめ英語勉強方法について書いてみたいと思います。

私自身、カナダ、イギリスとワーキングホリデーをしてきた経験から、英語の勉強法については試行錯誤悩みながら色々取り組んできました。

実際、海外出張が多い友人やこれから留学等を検討している友人にもよく聞くこの言葉・・・

  • 何から始めていいのかわからない
  • 上達している気がしない
  • 上達の程度が分からないから続かない

正直、自分が今どれくらい上達しているのかは自分自身ではなかなか図れないですからね。私自身そうでした。

だからこそ私が上達を感じた瞬間や、それまでに取り組んだ勉強法を順番にご紹介させて頂きます!

オススメの英語のテキスト

まずは、必ず勉強するときに必要になるテキスト!

本屋さんに行っても膨大な量から何を選ぶか悩みますよね。

私のおすすめですが、まず1冊文法書を持つことです。

もちろんインターネットで簡単に検索できる時代ですが、文法書で索引や項目からきちんと確認することで理解できる内容が広がります。

私が愛用していておすすめなのは・・・

Next Stage

聞いたことある方も沢山いると思います。

なぜなら、大学入試用のテキストでこれを使っている高校が沢山あるからです。実際私も高校生の時に使っていたものを、長年使用しています。

特徴は言うまでもなく、これまで学校で習ってきた同じ説明で同じ順序で詳細を確認できるので、曖昧だった内容をすっきり理解しながら勉強することが出来ます。

また、インデックスもあり検索しやすいこと、例文や例題を確認でき記憶に結びつきやすいです。

大岩のいちばんはじめの英文法

こちらもおすすめ。東進の大岩先生による文法書です。教えることに長けた方の書籍のため、多くの人がつまずく項目をよりわかりやすく説明されています。

大学受験生はもちろんですが、いちばんはじめと唱っているだけあって、中学生から大人まで誰にでもわかりやすいのが特徴です。

基本的に文法書は1冊買えば、同じ物を使い続けて下さい。それがまず、着実に身に付けるポイントです。

また、最初理解できていなかった事が理解できるようになった!と気付ける方法です。その為、本屋にいって自分で読んで、自分に合った解説方法の本を見つけ出すのが一番大事なポイントだと思います♪

もう一冊おすすめしておきたのが、文法書ではないこちらです。

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴン桜というマンガやドラマを知っていますか?

東大合格を目指す内容であり、その英語教師のモデルとなった方っが出版しているこちらの本ですが、実際東大を目指していた友人に勧められました。

本来はライティング対策のようですが、その為、色んな文型が濃縮されています。英語の上達はいかに使いこなせる文章と単語が多いか、だと思っています。

自然な文章で文型が濃縮されているこちらのたった100文をしっかり覚えましょう!

オススメの単語帳

次におススメの英単語帳です!

留学して痛感したのが、語彙力の少なさや、国による偏りです。身近な単語が国によって違うんですよね。

文法書は受験用で問題ありません!が、単語帳は文法単語だけでなく幅広く吸収できるものがおススメです。

Duo 3.0

英単語帳の王道ですね。こちらを勧める理由は、文章が書かれていることです。

ものすごく一般的な文章がかかれており、文中の個々の単語を丁寧に記載してあります。

単語だけを覚えると、

  • とっさに使えない
  • 使い方がわからない
  • すぐに忘れる

ことが多いですが、文章で覚えると実践しやすいですよね。

また、CDがついており合わせて使う事で脳に叩き込めます。きちんとした発音を知れるのもメリットのひとつです。

  • 文章で暗記する
  • 耳で復習する

この2つが単語力アップそしてそれを活用するには必須だと感じています。

English Vocabulary in Use

こちらは、これから留学等を考えている方におススメ!ケンブリッジ大学が出版している単語書です。

留学になると英語で英語を学ぶため、英語のテキストも欠かせません。

イギリス滞在中、色々な先生に質問しましたが、みんな口をそろえてこちらをおススメしてくれました。

Grammarバージョン等もありますので気に入った方はぜひ揃えてみてください♪

例文で覚える中学英単語・熟語1800

これまでも記載している通り、私は例文を使って覚えるのが英語をマスターするには一番いいと感じています。(もちろん向き不向きはあると思いますよ)

こちらは、中学で習う英単語が上手に散りばめられており、かつイラストも見やすくとっつきやすいのでお勧めです。

中学レベルの英単語を確実に覚えて使いこなすことが一番重要だと思います。

オススメの英語アプリ

続いては、オススメのアプリをご紹介します!

忙しい合間に勉強する人にとってスマホひとつで始めることができるアプリ重要ですよね。

重視する内容ごとに紹介しますね。

まず、リスニング力や総合英語力の向上!

TEDICT

TED TALKという言葉を聞いたことがありますか?英語を勉強するうえで、よく聞く「TED Talk」という単語。

リスニングにはTEDを見るのがいいよ、スピーキングにはTEDを見ながらシャドーウィングするのがいいよと、私もさんざん言われました。

TEDとはアメリカで開催されているカンファレンスのスピーチを無料配信している団体です。様々な分野の人が各々のトピックでプレゼンテーションしています。

しかし、膨大なビデオから何を見たらいいのか、まして、この内容をシャドーウィング?!と私自身つまずいたときに見つけたアプリです。

こちらのアプリだと、ジャンルや映像の長さからトピックを検索することができます。

また、スクリプトを全文確認する事もできれば、速度を落とすこともでき自分にあったペースで動画を確認できます。

無謀だと感じたシャドーウィングも一度文章を確認し理解したうえで再挑戦してみると意外ととっつきやすくなります。

もちろん英語が母国語ではないプレゼンテーターも沢山いますので、慣れたら色んな国のひとが話す英語に挑戦するのも楽しいかもしれません。

Podcasts

こちらも王道といえば王道ですね。簡単に無料の英語教材が沢山見つけられます。

  • 綺麗な英語を学びたい人は英語圏のラジオを聞く
  • 英会話を学びたい人は英会話の授業を聞く
  • 日常会話を学びたい人は雑談メインの番組・・・等

たくさんありますし、目的や用途によって自分で選ぶことができます。どの番組を選んでもリスニング力には必ずつながると思いますよ。

続いて、文法力やライティング力!

Lang-8、HiNative

このふたつは、同一アカウントで利用できるので、一緒に書きました。

前半のLang-8は文章を書き込むサイトです。どんな内容でも大丈夫、文章を書き込みアップするとそれを見た人が添削してくれます。

私の場合、最初は日記を書きました。その日に起きた事を書くことで、日々の会話表現を学べますし、ネイティブの言い回しも知ることができます。

もちろん添削に質問することもできます。

HiNativeは、

  • ●●と◎◎の違いは?
  • ▲▲の使い方は?

など、単語の細かなニュアンスの違いや使い方を質問することができます。

Lang-8と同様、見た人が回答してくれます。

登録している人たちで助け合うアプリですので、日本語の質問をあげている人に積極的に回答してあげる事もお忘れなく♪

英単語力の向上には・・・

mikan

オススメする理由は、単純に私自身が一番続けて使えたアプリであることです。

単純に英単語の意味を四択で応えていくだけのアプリですが、間違えた単語は何度もでてきますし、音を出して操作すれば発音を聞きながら意味をインプットしていくことができます。

回答に迷うと迷ったうえでも回答としてうろ覚えとなり再度出てきたりと、何度も反復練習できるのでわかりやすく継続して利用できました。

発音改善のためのアプリ!

発音博士

「発音」について、正直色々な意見があります。

伝われば良い、まずは喋れることが大事、といって発音を気にしない人が多数ではないでしょうか。

理解はできますがすごく難しい話をペラペラ喋れるのに日本人特有のカタカナ英語・・・ネイティブには伝わるけど、第二言語同士で話すとほんとに伝わらないですよ。

私は発音をきちんと直したいと思っていました。

ただし、LとRのように聞いても違いがわからない、つまり自分の発音があっているのか間違っているのかわからないのです。

そのときに見つけたのがこちらのアプリでした。

いくつかの単語が並んであり、選ぶとまず正しい発音を聞けます。発音記号も確認できます。

その上で自分で発音してみると採点とともに自分の発音を発音記号で表示してくれますどの単語が間違っているのかが具体的にわかるのです。

また、その自分の発音は録音されていますので、間違えた箇所を確認しながら再度挑戦を繰り返せます。

最初は正直信用していいのか迷いましたが、ネイティブの先生数人に数回試しましたが全員一発100点以外とりませんでしたのでそれからは愛用しています。

英語勉強のアプリとはいっても膨大にあります。目的や用途を意識して自分にあったアプリをぜひ探してみてくださいね。

オススメの英語辞書

英語の辞書に関しては、正直レベルによって変わってくるかと思います。

受験用で習う単語の意味とビジネス用で習う単語の意味は違いますよね。

そこで、まずは定番でお勧めしたいのが・・・

ジーニアス英和大辞典

学生時代に学校で購入させられたものも電子辞書によく集約されているのもこのジーニアスではないでしょうか。

的確な和訳がされており、大変人気な辞書です。まさに英語の勉強において基盤になる辞書ですね。

アンカーコズミカ英和中辞典

一般人向けに作られた英和辞書のため、学生向けのものよりも収録語数も多くなっています。

基本単語から難しい単語まで柔軟に対応できる1冊で、初級のかたから上級の方まで幅広く持ってもらえます。

アドバンストフェイバリット和英辞典

こちらは、社会人向けの和英辞書。

英単語はもちろん、ちょっとしたビジネスにおける挨拶などのアドバイスが載っているのが魅力です。

普段から利用することで何気なく読んでいる内容が大活躍することもありますよ。

プログレッシブ英和中辞典

学生から社会人まで幅広く使えます。

英米人がチェックした正しい英語、豊富な慣用句などが収録されており、わかりやすく最大限に英単語を理解していくことができます。

最後にオススメしておきたい英語辞書があります。

ロングマン現代英英辞典

名前の通り、英英辞書です。

同じ単語の繰り返しばかりでは、上級者の英語にはだどりつきませんしビジネスでは通用しなくなります。

また、英単語の意味を英単語で理解するのはかけ離れた言語である日本語を使う私たちには大変重要なことです。

英語で英語を調べてもその単語がわからず堂々巡りになるという方には早いかもしれませんが、ひとつでも知っている意味が見つけれるという方はぜひ英英辞典を使って勉強してみてください。

スピーキング強化方法

こればかりは、慣れる!喋る!しかないと思います。

ご存知の通り、英語と日本語では、使う文字も違えば文法もまるで違います。

ただただ卓上で勉強していてもスピーキングはできなくて悩んでいる人が多いです。

これを克服するためには、慣れるしなかいと思います。では、日本にいて英語を喋り慣れるためにどうすればいいか・・・

オンライン英会話

もちろん英会話スクールに行ってもいいのですが、お金や時間の関係で続かないかたも多いのではないでしょうか。

私はオンライン英会話をおすすめします。

現在は沢山ありますが、多くのコースが毎日20-30分というものを設けているのではないでしょうか。

まず全く自信がない人はお気に入りの先生を見つけて仲良くなることで話題を探すのもありですし、毎回先生を変えて毎回自己紹介をしなければならない環境にする。

これだけでまず自分の自己紹介は確実にできるようになります。そのように、着実に話せることを増やすことが慣れることだと思います。

予習復習すること

まず話す機会を何かしらの形で作ることが大前提になりますが、話す事を準備しておく事が大切です。

例えば、「How was your day?」と毎回聞いてくる先生がいる…という状況の時には、毎日、今日なにした?と日本語で一度考え、それは英語でどう言えるだろう?

英会話をしたあと、うまく伝わらなかったな…と感じたとき、どう説明すべきだっただろう?とよく考えるようにしています。

正直、考えるだけではなく英語で独り言を喋るようにしています。

言葉に出してみて気付くことがあるというのもありますが、独り言でも十分英語に慣れる練習になります。

その際は、英単語帳で習った表現等を積極的に使うようにしています。

試験対策をすること

これは完全に個人的な意見になりますが、スピーキングが一番伸びたのはいつだろう?と自分の過去を振り返ると「IELTS対策」をしたときという結論に至りました。

スピーキングの課題、ライティングの課題に取り組むと正直すごく時間がかかりますが、自分の言葉で考えをまとめ知っている文法を使って文章を組み立てます。

自分で作った文章は声に出して喋りやすいのですよね。

さらに点数を取るために必須なのが、

  • 正しい時制を使うこと
  • 同じ意味で複数の単語を使うこと
  • 副詞を沢山取り入れること

これを意識するだけで、文章力が格段にあがります、その文章を沢山練習し喋ることで習慣づきます。

それまでは喋ることに必死で伝わればと思いじ時制まで意識できてなかったな…と振り返ることも多く、試験対策ひとつでスピーキングの基盤を作れたと感じています。

外国の友達を作る方法

慣れるための手段として、外国人の友達を作ることはすごく重要だと思います。

日本にいながらどうすればいいか。アプリの項目でご紹介したLng-8も手段の一つだと思いますが、そのほか私が利用した方法をご紹介しますね。

Meetup

Meetupというアプリやサイトに色々なサークル活動がありますよね?その中に外国人交流の活動が複数あり参加しました。

日本にいる外国人の方だと日本語ができる方も沢山いますが、英語の先生などで滞在していて喋れないかたも沢山います。

無料のイベントもありますし、ぜひ参加してみてください。

Language Exchange

こちらも複数のサイトやアプリがあります。

英語を教えることができ日本語を勉強したいと思っている人、実は沢山います。

自己紹介欄に趣味などを書いているかたも多いので、気が合いそうな人を見つけてメッセージのやりとりから初めてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

英語の勉強方法と一言で言っても目的や用途によってはもちろん個人によって変わってきます。

今回は主に私と同じ立場、つまり、

  • 社会人として英語を学びたい人
  • 学ぶ必要がある人
  • 留学を検討している人

のような立場でいくつかおすすめさせて頂きました。

色々な意見を参考に取り入れながら、ぜひ自分にあった勉強方法を見つけて下さいね。(→【随時更新】セブ語学学校ランキング!あなたに合う学校は・・・?

(最終更新:2018年7月10日)
CATEGORY :