ホームステイ事前準備!国ごとにホストファミリーの注意点は違う!

ホームステイ事前準備!国ごとにホストファミリーの注意点は違う!

留学をする際、ホームステイ先も心配事の一つとして挙げられますよね。

  • ホストファミリーはどの国の方たちなんだろう?
  • 気が合うかな?
  • 食文化は合うかな?
  • 生活スタイルは合うかな?

などなど、心配事がたくさん湧いてくると思います。

今日は、カナダ留学中のわたしが実際に経験した、ホームステイ先を選ぶポイントや、ホームステイ先での生活と準備したことについてについて書いてみたいと思います。

ホームステイ先の条件はわがままなくらいが絶対いい!

留学をするほとんどの方は、留学エージェントを通してホームステイの申し込みをすると思いますが、

その際にホームステイ先の条件をある程度自分で選ぶことができます。(留学エージェントによりますが…)

わたしの場合、出発の1ヵ月ほど前に “ホームステイ先の条件を選んでください” と書かれた選択方式の表が送られてきたので、その表に自分の希望を記入して提出しました。

内容は、

  • 家から学校までの距離を重要視するかしないか
  • ペットがいても問題ないか
  • 食べ物にこだわりはあるか
  • アレルギーはないか
  • 洗濯は自分でしたいか
  • ルームメイトの国籍の希望はあるか

などでした。

わたしの場合、食べ物のこだわりはなかったのですが、家から学校までの距離が30分程度で、ルームメイトの国籍はアジア圏以外を希望しました。

さらに私はアトピー体質で肌がとても弱いので、ペットがいなくて清潔で、自前の洗濯用洗剤を使えるホームステイ先を絶対条件として書きました。

わたしにとってホームステイ先は留学をする上で最も重要なポイントだったので、わがままなくらい自分の希望を伝えました。

エージェントの方が、ほぼわたしの希望通りのホームステイ先を選んでくれたので、今ではとても快適な生活を送っています。

なのでその決定をして本当に良かったと感じています。

たしかに場合によっては100%希望通りにはいかないかもしれませんが、

でも、もしホームステイ先の選択がみなさんの中で重要なのであれば、わがままなくらい希望を伝えた方がいいです。

ホームステイ先にはルールがあった!

わたしのホームステイ先は、内装が綺麗で住みやすいのでとてもいいところなのですが、いくつかルールがあります。

そのルールとは、

  • シャワーを夜使う場合は10時半まで
  • シャワー時間は1人30分間
  • 夜ご飯は9時までに食べ終わること
  • 洗濯機を使用できるのは毎週日曜のみ

というルールです。

わたしのホームステイ先には門限やその他の厳しいルールはなかったのですが、

海外では週に1,2回まとめて洗濯する家庭が多いそうで、洗濯機が週に1回しか使えないのは日本人のわたしにとって苦痛でした。

初めの頃は、学校終わりにコインランドリーに通っていましたが、

今ではうまく服を着まわすことを覚えたので週1の洗濯で問題なく生活しています。

同じ学校に通っていた友達の中には、

  • 洗濯機&乾燥機を使う際、使用料として1回につき約200円を支払わなければならない
  • Wi-Fi使用料として毎月別途料金を払わなければいけない

というようなことを突然請求されるホームステイ先もありました。

高い料金ではないかもしれませんが事前のお知らせもなく、いきなり言われて支払わなければならないとなるとちょっと嫌な気持ちがしますよね。

なので、もし料金を少しでも抑えたい方はその辺りの確認もした方が良いかもしれません。

日本と比べたらダメ!ホームステイ先での食生活

最後にホームステイ先での食生活についてお話しいたします。

ホームステイ経験者の友達や知り合いがいる方は色々と話を聞いているかと思いますが、

食事はホームステイ先の家庭によってかなり異なります。

特にカナダにはいろいろな国から移住して来ている方がとても多く、ホームステイ先の中にはインド系の家庭フィリピン系の家庭もたくさんあります。

なので確実に純カナディアンの家庭にホームステイできるとは限りません。

ちなみに、わたしのホームステイ先の家族はフィリピン系の家庭ですが、みんなネイティブですし、夜ご飯はおかず+毎日ライスが出ます。

朝ごはんはシリアルやパン、フルーツの中から好きなものを選んで勝手に食べるという方式です。

海外では日本とは違い、朝・昼は軽食という方が多いです。

わたしの友達で、インド系の家庭にホームステイしている子がいたのですが、その家庭では夕飯の7割がカレーとナンだったそうです。

ナンは自家焼きでとっても美味しいらしいですが、さすがに毎日カレーは飽きると言っていました。。。

他にも、食事の量が足りなくてスーパーでカップ麺やパンなどを買ってご飯の後に食べているという友達もいました。

ホームステイ先は正直、行ってみないとわからないですし、当たり外れがあるのも事実ですが、

行った先で上手に生活していく方法を見つけることは、長く留学生活する上でとても重要なことだと思います。

たとえホームステイ先で自分の都合通りにいかないことがあったとしても、すぐに出ていくことを考えたり、家にいる時間を極力少なくしようと毎日カフェに入り浸る、というのはあまり得策ではないと思います。

国が違えば文化も生活スタイルも違うのは当たり前ですので、

海外で生活するということは、そうした文化や習慣の違いを受け入れる覚悟をするということだと思います。

でも日本を離れて知らない家族、ルームメイトと生活をしていくわけですので、我慢しすぎてストレスが溜まってしまうようであればエージェントの担当者や学校に相談することをお勧めします。

まとめ

留学する上でホームステイ先は本当に重要なポイントです

なので、自分の条件をはっきり挙げることで事前に対策と準備を取れる部分は弱腰にならないようにしましょう。

また、行った先で100%自分の条件通りや自分のこれまでの生活スタイルと違ったとしても、受け入れることのできる部分は文化や習慣の違いとして笑って受け入れて、

ホストファミリーから無茶な要求をされるなど、学業やその他の生活に支障が出るほどストレスが溜まる場合は、留学エージェントに相談して準備しましょう。

(最終更新:2018年2月20日)
CATEGORY :