留学を成功させるためのオススメ英語勉強法

留学を成功させるためのオススメ英語勉強法

留学前の英語の勉強こそが留学で英語力をアップさせる土台となります。現地にいってから、日本でできるような勉強に時間を費やしてしまうほどもったいないことはありません。あなたの留学を成功させるための英語勉強法をお伝えしましょう。

留学してもペラペラにはならない

1年留学したからといって、自動的にリスニングができるようになり、スピーキング力も伴ってくるといった夢のような話はありません。

現地でもつい日本人と多くの時間を過ごしてしまったり、自分の部屋に閉じこもってしまうなど、ホストファミリーとリビングにいて英語を上達できる環境はあるのに、行動が伴っておらずチャンスを無駄にしてしまうケースが多く見られます。

英語が上達するかどうかは環境ではなく、すべては「自分次第」だと考えています。自分自身が目標を持って、目の前のできることにチャレンジし続けることではじめて英語は大きく上達します。

留学までに目指す英語のレベル

とにかく英語の基礎を徹底させましょう。

まず目指すべきなのが、中学英文法です。

ここでつまずいてしまうと、文章の組み立てができず、会話することができません。

ネイティブも日常会話では簡単な文法を基本にして会話しています。高度な文法テクニックを勉強して、広く浅くなんとなく文法を理解するといった勉強方法ではなく、基本的な文法項目を完全にマスターする勉強方法を心がけましょう。

また、単語を使ってコミュニケーションもとれますが、それは最終手段と考えましょう。なるべくセンテンスで会話することを意識することで数段階早いスピードで会話力や文章力が身につきます。

また、英検やTOEICなどを留学前に受験することをおすすめします。そうすることで、留学前と留学後の英語力の伸び具合が数値化されます。もちろん英語力はテストの点数だけでは測れませんが1つの指標にしてはいかがでしょうか。

TOEIC S/WやIELTSなどではスピーキングやライティングなどの力もチェックできますので、あわせて挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

基本単語から学習する

英単語を増やすことに悩んでいる人も多いでしょう。英単語の学習はつい避けてしまいそうになりますが、必ず留学前からとりかかるようにしましょう。

現地で、最初からネイティブが話していることが100パーセント聞き取れるということは難しいですが、聞こえてくる単語をつないで話している内容を解釈できるようになります。

そのため、単語はできるだけ多く知っていた方がもちろん英語上達も早くなるでしょう。まずは、2500語程度まで語彙力をあげることを目指しましょう。

また、英単語は完璧な発音をマスターする必要はありませんが、かならず音読を取り入れて学習するようにしましょう。知っている単語だけどいざ発音しようと思ってもできないでは、聞こえてきた単語を拾うことができず効果的ではありません。

せっかく単語を勉強するのであれば、かならず声に出して、目で見て耳で聞いて分かる語彙をどんどん増やしていきましょう。

英語の聞き取り

英語の聞き取りがなかなか上手くいかず悩んでいる人も多いと思います。

聞き取りが上手くいかない方法として次の理由があげられます。

  • そもそも知らない単語の意味や文法であった。
  • 聞き取りのスピードが追いつかない。

「そもそも知らない単語の意味や文法であった」に関しては、先ほどご紹介した中学英文法や2500語彙をマスターすることから少しずつ改善を目指しましょう。

「聞き取りのスピードが追いつかない」に関しては、トレーニングで鍛えることができます。

まずは、簡単な中学生用のリスニングの教材を使ってみましょう。

使用方法としては、

  1. リスニング問題を解いて、正誤の確認をする
  2. スクリプトを確認する
  3. スクリプトを音声とともに同じスピードで音読する

目で見て内容をできたら聞き取りのスピードが追いつかなかったということですし、目で確認してもわからない場合は単語や文法知識が不十分で聞き取れなかったことがわかります。

時間のかかる作業ですが、この確認をすることで語彙力がアップするだけでなく、読解の力も同時進行で身につけられます。

音読することで、聞き取りの早さに追いつく練習を重ねます。最初は、なかなか追いつかないかもしれませんが何度も練習すると追いつけるようになり驚くほど聞き取る力がつきますよ。

自分・日本のことを英語で説明する

留学したら、まずは自己紹介をする機会が非常に多くあります。

新しいクラスでも、自分についてある程度話せる他国からの留学生を見て、萎縮してしまう日本人留学生を多く目にします。

そうならないためにも、自分について英語で紹介できるように準備をしっかりとしておくことが大切です。これも、難しい単語を使ったり、長文の紹介を考える必要は一切なく、短いセンテンスを箇条書きにしてたくさんストックしておくことがおすすめです。

自分自身の職業について、出身地について、趣味について、などカテゴリーに分けてストックしておくと良いでしょう。

また、日本人留学生がぶつかりやすい壁は「日本について聞かれても答えられない」ということです。他国からの留学生は自国のことを話たり、議論したりすることが得意である場合が多いです。

日本の経済や習慣など少しでも留学前から理解するよう心がけましょう。日本人留学生として恥ずかしくないように、つたない英語であっても、しっかりと自分の意見を持って話そうとすることが非常に重要です。

オンライン英会話を活用する

皆さんは普段英語をアウトプットする機会はありますか?

留学した当初陥りやすいのが、英語の文法は理解しているけれど、アウトプットに慣れていないため会話のペースについていけず、なかなか発言もしないことから英語の上達が遅れてしまうといったケースです。

中学レベルの文法学習と並行して、それを実践できる場所を作ることが大切です。

また、言語はアウトプットしただけ上達しますから、普段の生活に英語を話す機会を少しでも取り入れることが重要です。

週一回英会話スクールに通うでは、アウトプットする時間も不十分な上、費用も時間もかかってしまいます。

オンライン英会話で1日25分であっても継続して、英語を話すように習慣づけると驚くほど英語力がアップします。

また、講師からのフィードバックもあるので新しい単語や知識を取り入れることもできますし、1人ではできなかった勉強ができるというメリットもあります。

また、英語を話すこと自体にプレッシャーを感じてしまう人は、留学してからアウトプットの練習をするのではなく、留学前からトレーニングを積み重ねることが重要です。

まとめ

留学で最大限英語力をアップさせるためにも、日本での事前学習がとても重要です。

現地でしかできない経験や、様々なひととの交流に時間を費やすためにも、日本でできる事前学習を念入りにするようにしましょう。

中学英文法の学習やオンライン英会話などに加え大事なのは、「瞬発力」です。

目の前にあるもの、起こったこと、思ったことを瞬時に英語で発してみるトレーニングを日々取り入れてみてください。毎日の積み重ねが必ず、大きな成長に繋がりますから、少しの努力を継続して本物の英語力を身につけましょう。

自信を持って英語を話せることから、世界は更に大きく広がります。皆さんが英語を身につけ、更にその先の目標に向かって夢を実現されることを願っています。

(最終更新:2018年6月17日)
CATEGORY :