セブおすすめコンドミニアム情報①【Mandani Bay Suites/マンダニ・ベイ・スイーツ】

セブおすすめコンドミニアム情報①【Mandani Bay Suites/マンダニ・ベイ・スイーツ】

経済成長率7%という著しい成長率が魅力のフィリピンですが、

フィリピン第二の都市圏であるセブではリゾート開発がますます熱くなっています。

その物件の中でおすすめのコンドミニアムをご紹介したいと思います。

それはMandani Bay Suites/マンダニ・ベイ・スイーツです。

「Hong Kong Land」と「TAFT」の共同プロジェクト

「Hong kong Land」とは、1889年に設立された歴史ある不動産投資、管理および開発グループです。

香港を拠点として拡大していき、現在ではインドネシア、シンガポール、中国、香港、マカオ、フィリピンなどの東南アジア主要都市に進出している有名デベロッパーで、数多くの高品質住宅・オフィスを開発しています。

シンガポールにおいては主要なオフィスビル群の約50%を占めるほどの実績もあります。

また、「TAFT」は、マニラで一番高い建物である「Horizon」や、「Taft East Gate」、ソルタナ島に位置する「SOLTANA Nature Residences」などを手掛けている、セブを代表する有名デベロッパーです。

そんなHong kong LandとTAFTが手掛けるセブ島の「マンダニ・ベイ・スイーツ」とはどういうコンドミニアムなのでしょうか?

2020年誕生予定のMandani Bay Suites

「Mandani Bay Suites」とは、セブの首都圏であるメトロ・セブに位置するマンダウェシティで開発が進んでいる大規模なウォーターフロント・タウンショップ開発プロジェクトです。

マンダウェはマクタン島と2本の橋でつながっており、賃貸需要としての将来性が高い地域です。

Mandani Bay Suitesの総敷地面積はなんと20ヘクタール!東京ドーム約4.3個分!!

2020年誕生予定で、総戸数は1226戸!(タワー1は30階建て、タワー2は37階建て)

このコンドミニアムのセールスポイントはもちろん、目の前の海を一望できる景観です!

500メートルのウォーターフロントとボードウォークからは海岸線と地平線を見渡すことができます。

また、海とは反対側の部屋からはマンダニ・ベイ・スイートの広大なアメニティと、セブの街並み、セブの山が一望できるようになっているので、シービューもアメニティビューもどちらも魅力が詰まっています。

気になる販売価格は?

私がマンダニのコンドミニアムを見に行って、実際に頂いた価格表です。

ぜひ参考にしてください。(※料金はペソです。10月16日現在のレート 1ペソ≒2.2円)

いかがでしたか

今、セブコンドミニアムが熱いです!!

フィリピン不動産投資に興味のある方は、ぜひマンダニ・ベイ・スイーツも検討に入れてみてください!

その他のセブおすすめコンドミニアム情報については下記のページをご覧ください。

(最終更新:2018年2月21日)
CATEGORY :