セブ留学にオススメ!人気お土産をご紹介します

セブ留学にオススメ!人気お土産をご紹介します

みなさんは「セブのお土産」というとどのようなものをイメージしますか?

留学の帰国時、家族や友人、同僚などに喜んでもらえるようなお土産を調達したいものです。今回は、セブのお土産について徹底的にご説明したいと思います。

セブ留学時のお土産を買うおすすめの場所

Ayala Center Cebu

セブ1番の規模を持つショッピングモールです。かなり広いのでゆっくり見て回れば1日かかるといわれています。
海外ブランドからローカルブランドまでが揃っていますが、エリアごとにお店が分かれているため、広くても買い物がしやすいです。
また、両替のレートがいいので、ここで換金するとよいでしょう。

SM City Cebu

セブの人気大型ショッピングモールで500以上のショップが立ち並びます。アヤラモールよりも庶民的な雰囲気が漂うものの、モール中心のSMマーケットはなんでも揃うデパートのような存在です。

また、IMAXシアターやボーリング場などもあり、留学する際にはちょっとした遊ぶスペースもあります。

Robinson Galleria

セブでは珍しいデパ地下のようなものがあることに加え、他のショッピングモールに入っていないショップが多くあるショッピングモールです。

また、イオングループやダイソーなど日本企業も進出しており、留学中に日本製品が恋しくなった際足を運ぶのに最適です。

セーブモア

セブにある1番おすすめのスーパーマーケットです。

お菓子などばら撒き用のお土産を調達するのに大変便利です。ココナッツオイルや調味料系も日本の半額で購入できたり、ボディケア用品なども豊富に取り揃えています。

また、Lucky meのパンシット・カントンというフィリピンの焼きそばのインスタントヌードルはおすすめです。1袋18円程度でチリマンシーやオリジナルフレーバーなど5種類の味を持ち帰ってはいかがでしょうか。

10個ほどおすすめのお土産を紹介(食品、コスメなど)

マンゴー製品

7Dのドライマンゴーは万人ウケする王道のお土産の1つです。ドライマンゴーは他のメーカーもたくさん販売されていますが、少し繊維質が強く硬いです。

7Dマンゴーはもっちりしていて甘さや酸味もちょうどよく、またスーパーやショッピングモールなどどこでも手に入る点がお土産調達に最適です。美味しくて食べすぎに注意です!

オーガニックコスメ human nature

サスティナブル・パイオニア・アワードという、人や環境に配慮しているコスメブランドに与えられる賞をアジアで初めて受賞したコスメブランドです。

日本でも通販で取り寄せることができますがとても割高ですので、セブで現地調達すれば格安で購入できて女性にとても喜ばれます。

商品ラインナップも豊富で石鹸や洗剤などの日用品から、化粧水やリップなどのコスメ、食品など大変豊富です。

なかでも、おすすめはひまわりから採ったオイルです。角質を取り、肌の明るさを数段階にあげることができるだけではなく妊娠線にも効きます。

サンミゲルのビール

フィリピンで1番有名なビールといえば「サンミゲル」です。

フィリピンのビールマーケットシェアの約90パーセントをも占めるだけあって、味の種類も豊富です。

一番人気なのが、真夏に喉越しよく飲める軽めの口当たりが特徴の「サンミゲルライト」です。

他にも「サンミゲルアップル」や「サンミゲルレモン」といったフレーバー系から、「サンミゲルピルセン」というビターテイストのものまで好みに合わせて選ぶことができるので飲み比べをしてもいいでしょう。

帰国時、荷物の重量や梱包状況には気をつけて下さい。

Island SouvenirsのTシャツ

「I ♡ CEBU」のロゴのアイテムがたくさん手に入るIsland Souvenirsのアイテムも大変人気です。自分の名前を入れることができるTシャツはマストバイアイテム。

名前だけでなく、部活やサークルのチーム名をいれて仲間に送るために注文しているお客さんも増えているようです。

セブだけでも5店舗ほどあるので、ショッピングモールでお買い物している間に作ってもらうと良いでしょう。

Tarmongというキャラクターグッズ

セブに生息する大きい目のメガネザル「ターシャ」をモチーフにした「ターモン」というキャラクターをご存知でしょうか。

JパークのTarmongというカフェでターモンのお菓子を購入することができます。

日本人が好みそうなお饅頭やお菓子の販売だけでなく、製造の様子もみれたり、カフェでくつろげるので是非足を運んでみてください。

今流行りの「インスタ映え」ばっちりな、ターモン饅頭は喜ばれるお土産間違いなしです。

セブのうなぎパイ OTAP

会社などに気軽にお土産にできるのがお菓子だと思います。

OTAPのお菓子であれば個包装もされていてドライマンゴーなどよりも配りやすくおすすめです。

日本では、ほとんど売られていないお菓子という点も、話しのネタになり会社でも大活躍でしょう。チョコレート味などのオーソドックスものから、セブ限定のウベ味もあり食べ比べしてみるのも楽しいと思います。

シベットコーヒー

シベットコーヒーを皆さんご存知でしょうか。

シベットコーヒーとは、完熟したコーヒーの実を餌とするジャコウネコの糞からとったコーヒー豆です。そのように聞くと、味に不安を抱える方も少なくないと思いますが、口当たりがまろやかで、クセがないことから人気の高いコーヒーです。

ITパークやマクタンの専門のコーヒーショップ CIVET COFFEEで買うことができますよ。世界一希少価値の高い「幻のコーヒー」を特別な方に送ってみてはいかがでしょうか。

borloloyのアクセサリー

女性に送る人気のお土産の1つにアクセサリーがあると思います。

borloloyというアクセサリーショップでは南国をイメージさせるアクセサリーが、安いものだと70円程度で購入できます。安価で購入できることから、お土産としてとても重宝するでしょう。キーホルダーやマグネットなどの定番お土産を卒業してお洒落でプチプラなアクセサリーを大量買いしてはいかがでしょうか。

Handicraft trade shopのカゴバック

Handicraft trade shopに、手作りのカゴバックをはじめとした民芸品が並んでいます。値段はショッピングモールの半額程度で、どこか温かみのある商品ばかりです。色とりどりのバックは少しかさばりますがいくつかお土産として購入するとよいでしょう。まとめ買いするとさらにディスカウントしてくれる場合があります。

パパイヤ石鹸

フィリピンではパパイヤは美白によいとされていることから、セブではパパイヤ石鹸の種類が豊富です。オーガニック素材を贅沢に使ったGTのパパイヤ石鹸が人気第1位です。

ココナッツオイルを多く含んでいるため、驚くほどしっとりした洗い心地でした。一方で、さっぱりしたタイプがお好きな方にはLikasというブランドもおすすめです。多くの賞を受賞したり、第14代フィリピン大統領のアロヨ氏のお気に入りである代物です。無香が好きな方はこの石鹸が良いでしょう。

まとめ

セブ島にはおすすめできるお土産がたくさんあります。プレゼントする相手に合わせて最適なお土産を選びましょう。購入したいお土産をリストアップすることで買い漏れのないように注意したいですね。ついつい買いすぎてしまい帰りの飛行機での受託手荷物が重量オーバーにならないように気をつけましょう。

(最終更新:2018年7月25日)
CATEGORY :