セブ留学にかかる費用(お金)を大公開!

セブ留学にかかる費用(お金)を大公開!

「セブ留学」を検討されている方が気になっているポイントの1つとして費用面が挙げられるのではないでしょうか。

留学する中で、少しの工夫を重ねることで「留学費用」はグッと抑えられます。今回は、セブ留学する際の費用についてしっかりとご紹介したいと思います。

セブ留学にかかる費用

セブには100校以上の語学学校があり学費や施設の雰囲気など学校によってさまざまです。

例として、セブに1ヶ月留学することを想定した金額の平均をご紹介します。

今回は2〜3人部屋に滞在したことを仮定した金額ですので、個室であればもっと割高に、6人部屋であればさらに割安で滞在することになります。

学費:14〜16万

こちらは相場の金額ですが、中には10万を切るような価格設定をしている学校もあります。プログラムをみて自分自身にあっていれば選択肢に入れてみてください。

現地費用:3〜4万

留学生が必ず支払わなければならないSSP(特別学生認可証)の費用を始め留学するために納めないといけないお金です。また、光熱費など寮での管理費用も含まれています。

航空券:1〜5万

運が良ければ1万円以下の航空券をプロモーションで購入することができるので、複数の航空券のサイトを比較してみましょう。

アクティビティなどお小遣い:1〜3万

スパルタ校に留学した場合でも、週末はアクティビティに参加したり、お土産を購入したりすると思います。留学費用を捻出する際に月々のおおよそのお小遣いの金額を設定しましょう。

合計:19〜28万円

学校選びや現地の過ごし方によってセブ留学に必要な費用は大きく変わります。長期滞在になればなるほど金額に差が出てきますので最初に予算を決めてから留学の計画を練りましょう。

セブにお金を持っていく方法

セブにお金を持っていく方法についてご紹介しましょう。

現金

必要最低限の金額のみ日本で両替していくことをおすすめします。現地到着後、両替商は街のあらゆるところにありますので、随時両替をしていくパターンがおすすめです。

治安があまり良くない場所もあるため、両替する時間や人通りには十分注意することと、1度に大量に両替して大金を持ち歩くことは絶対に避けてください。紙幣のみならず、小銭は常に準備しておくことも重要です。

小さな商店で少し買い物をするときや、タクシーを利用する際に大きな紙幣をだすと、お釣りをもらえない場合があるので気をつけて下さい。

クレジットカード

セブではクレジットカードを使用できる場所も増えているため持参しましょう。VISAまたはMASTERCARDであれば問題なく使えます。クレジットカードの場合、最悪紛失してしまっても利用をすぐに止めれば現地で再発行することもできるので、リスクを最小限にできます。

しかし、カードの管理や使用明細はしっかり保管するようにしましょう。また、クレジットカードを使ってキャッシングを利用しても、返済の手続きをすぐにすれば利子なしでお金を引き出すこともできるので万が一に備えて1〜2枚は持参するとよいでしょう。

セブでのお金の管理方法

キャッシュパスポートの利用

キャッシュパスポートとは、簡単にいうとプリオペイドカードのようなものです。あらかじめお金をチャージしておくとATMから簡単にお金をいつでもどこでも引き出すことができます。

私も海外に行けば為替を気にしなくてもいいことや、安全面からキャッシュパスポートにお金を入れて都度お金を引き出すことが多いです。

不必要に現金を持ち歩くことはリスクが高いため、キャッシュパスポートを作っておいて決して損はないと思います。

現金やクレジットカードの保管場所は分散させる

外出時に貴重品を分散して持ち歩くのはもちろんのこと、寮内での貴重品管理も徹底してください。個室でも相部屋の場合、貴重品の管理は自己責任のためスーツケースは随時施錠し、戸締りもしっかりするようにしてリスクを回避してください。

留学生活に慣れてきたころが一番トラブルに遭いやすいため自己管理を徹底しましょう。

使ったお金の把握をしっかりする

現金やカードの貴重品管理に加え、使用した金額をしっかりと控えるようにしましょう。長期滞在の場合は特にお金の使いが大事になってきます。

1ヶ月の予算を設定することでお金を使いすぎて、後々の生活を圧迫しないようセルフマネジメントを心がけましょう。また、クレジットカードの利用状況の把握もきちんとしてトラブルを防ぐことも大切です。

セブ留学の節約方法

格安航空券を手配する

航空券はなるべく早く予約することで、早期割が利用できる場合があります。また、最近は複数サイトで一番安い航空券を探せるアプリやサイトが普及しているので是非活用してみましょう。

LCC利用でも渡航時間は4.5時間程度であるため十分快適に過ごすことができます。時間に余裕がある方は、経由便を利用したほうが安くなる傾向があるので合わせて確認してみてください。LCCはたびたび片道5000円セールなど破格のプロモーションを行ったりもします。そちらも合わせて確認してからチケット予約に進みましょう。

格安の学校に通う

セブ留学といっても学校の方針や費用、カリキュラム内容はさまざまです。サイトで1週間毎の料金比較ができるので、一度チェックしてみてください。

その中でも3D ACADEMYという学校は業界最安校と謳われていて、費用の安さを求める方は必見です。授業費用が安いだけでなく、モールが隣接しており、立地条件もいうことなしです。格安校ですが、目的に応じたカリキュラムも豊富であることからかなりの人気を誇っています。たくさんの学校を比較することで皆さんの希望にあった学校が見つかるでしょう。

大部屋に滞在する

セブ留学では寮に滞在するタイプの語学学校がほとんどです。寮のタイプは個室から6人部屋までありますが、6人部屋に滞在するとかなり費用を抑えることができます。ただし、繁忙期は格安の部屋はすぐに埋まってしまいますので、早めに手配することをおすすめします。

閑散期に留学する

セブ留学の閑散期は4月から6月末と10月から11月といわれています。この時期を選んで留学すると、学校の授業料やアクティビティの割引が適用になることがあります。留学する時期を柔軟に設定することができる方は留学時期にも着目してみましょう。

勉強中心の留学にする

セブはスパルタ校が多く、平日は寮外に出られないほど授業や課題に追われることがあります。そういった環境にいると余計なお金を使う心配もなく短期間で、劇的な英語力向上ができます。

平日授業が終わった後毎日食事に出かけ、毎週末にはアクティビティに参加して遊ぶ留学では、果たしてあなたが求めている英語力の獲得に繋がるでしょうか。限られた時間を思い切り英語学習に費やすことで、本当の留学の意義を見出せるでしょう。

まとめ

留学するに際し、費用面は重要です。上手にカリキュラムを組み合わせたり、キャンペーンを利用することや滞在中の過ごし方を工夫することで費用を抑えることができます。費用面がネックになって留学を躊躇してしまっている方は今一度、予算を決めてどれほど費用を削ることができるのか算出してみましょう。

「留学」という経験はお金では買うことのできない大変貴重なものだと肌で感じております。皆さんにもセブ留学を通じてたくさんのことを学び、何倍にも視野を広げ成長されることをお祈りしています。

(最終更新:2018年7月25日)
CATEGORY :