セブ留学時キッチンは?セブ留学の食事事情

セブ留学時キッチンは?セブ留学の食事事情

豊かな自然と渡航のしやすさ・安価な滞在費で人気のセブ留学。

しかし、気になるのは食事情、という人も多いはず。海外では日本のように水道水をそのまま飲むと食中毒を起こす国も非常に多く、フィリピン・セブも例外ではありません。

では、食事はどうなのでしょうか?食べて食中毒になったり口に合わなかったり・・・そんな危険性はないのでしょうか?

こちらでは、セブ留学時にキッチンは付いているのか、からセブの留学生の食事情を徹底検証しました。これからセブ留学を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

セブ留学ではキッチンは付いていない!?

安全のためにも、口に合う食事を摂るためにも、そして何より食費を抑えるためにも、留学先の学校の寮などに「キッチン」が付いていれば嬉しいですよね。セブの留学生は自炊をしているのでしょうか?キッチンはすべての寮に完備されているのでしょうか?

残念ながら、セブの語学学校の寮などでキッチン付きのところは非常に稀なようです。付いていても簡易でお湯を沸かす程度の作りになっているところがほとんどです。

ただし、それには理由があります。セブでは留学生に3食提供している寮がほとんどだからです。3食提供してもらえるメリットとして、食費が抑えられる・自炊を気にせずに勉強に集中できる、などがあります。一方で、デメリットとして、食事が口に合わない可能性・日本食を食べられない場合も多い、などが挙げられます。

韓国資本の語学学校が多いため日本人には辛く感じる寮の食事も

フィリピンの語学学校は、韓国資本のところが多いと聞きます。韓国人留学生も多く、そのためか食事も韓国系の辛みの利いた食事内容が多いようです。辛い物が大好きで口に合う人にはよいかもしれませんが、辛い物が苦手な人や食べられない人には非常にきついかもしれません。

そんな時に「簡易キッチン」が活躍したりします。

日本のカップラーメンを用意したりうどんを作ったり。お湯を沸かす程度のキッチンでも活躍することがあります。例えば、ある日本人留学生は寮の食事内容を見てその日の食事を予約するか決めると言います。辛い物や食べられないものが出そうな時には、常備しているカップラーメンを作ったり外食したりして対応しているそうです。こんなやり方もとても魅力的で効率的ではないでしょうか。

食事について日本人留学生におすすめの学校があるってほんと?

では、キッチンが付いていなく3食付きの学校しか選択肢になかったらどうするの?

どちらかというと韓国人留学生向けの辛めの食事内容が多いセブの語学学校ですが、日本食を中心にしている学校や日本人でも抵抗のないビュッフェ形式で食事を提供している学校もあります。
今回は、そんな中でも日本人におすすめの日本食を食べられる学校もいくつかあるそうなので、ご紹介します!

1. HOWDY English Academy

セブでご飯がとっても美味しい学校として巷では有名なHOWDY。それもそのはず、学校創立時から日本人の有名シェフが食事を担当しているのです。海外でも経験を積んだシェフの作る料理は、日本人留学生のみならず海外の留学生にも大人気だそう。

水も必ず日本と同じ「軟水」を使っているそうです。ここに一番のこだわりがみられ、水や食べ物による体調不良を起こす学生が群を抜いて少ないと評判です。

シェフが作るのは日本食を中心に、和洋中を組み合わせた多種多様な料理です。「飽きがこない」と留学生にも人気です。毎日美味しい高級レストランで食事を摂っているようなものですから慣れると少し怖い気もしますが、留学中現地での体調に気を配るならこちらの学校はチェックしましょう。

キッチンについては、これだけ豪華な食事が提供されるだけにほぼ必要ないと言えるでしょう。

2. QQ English

こちらも食事内容に非常に評判が高い学校です。セブに2校ありますが、どちらも「美味しい」と人気です。
こちらはHowdyとはまた違ってビュッフェ形式の食事提供になります。ビュッフェ形式なので和洋中様々な食べ物が提供され、その中から自分の好きなもの・食べたいものを選んでお皿に取り分けるといった感じです。これなら日本人留学生のみならず他国からの留学生も食事を楽しめますので、日本人同士で固まってしまう可能性が低くなりその点もおすすめです。日本食に偏らず様々な国の料理を楽しみたい!という人に本当におすすめします。

また、こちらの学校の寮にはキッチンが付いているところもあるということです!
そのため、寮のビュッフェに飽きた時には自炊をしてホッと一息、なんていうことも叶ってしまいます。
キッチンにこだわる人にも本当におすすめの学校です。

3. 3D Academy

こちらも3食ビュッフェ式の学校です。ラウンジやカフェテリアなど食べる場所をその日の気分から選ぶこともできます。
何より魅力は授業料に食費が込みの値段になっていること。毎月「食費が~ペソだから・・・」などと考える必要がなく美味しい食事を食べながら勉強に集中できるので留学生には非常におすすめです。

ビュッフェはおかわりも自由で、カレーやてんぷら、親子丼など馴染みの日本食が味わえるのが最大のポイント。

どうしても自炊がしたい場合は?

上にまとめた通り、セブ留学では3食提供されるところがほとんどですから自炊をする留学生は少ないです。

しかし、中には「どうしても自炊がしたい」と自炊にこだわりのある人もいるかと思います。そういう人におすすめなのは、高級ホテルタイプまたはシェアハウスタイプの宿泊施設の付いた語学学校を選ぶこと。

ただし、キッチンは付いていても本格的なキッチン用品・調理用品は少なめなところが多いため、じっくりと料理がしたい、という人にはやはりどこか物足りなさは残るかもしれません。さらに、デメリットとして当然のことながら費用が倍近くかかることがあるためお財布と相談の上どうするか決めるとよいでしょう。

以下にお部屋にキッチンが付いている学校の一覧を挙げます。

  • CELLA
  • Brilliant Cebu
  • CIJ Academy クラシックキャンパス
  • QQ English ITパーク校

気になる方は、各学校のHPなどを参考にしてみてくださいね。

寮の食事や自炊に飽きた時はどうする?

自炊派の留学生ならキッチンを使っての自炊を楽しむことが、寮住まいの留学生なら国際色豊かな寮の食事を楽しむことができます。それぞれにメリット・デメリットはありますが、どちらを選んでも食に関しては不自由なく過ごせる環境にあると思います。

しかし、やはり毎日同じでは・・・と思うのが人間です。留学中であっても同じことですよね。

そんな時は、外に出て外食を楽しみましょう。

セブにも日本と同様に多国籍レストランやファーストフード店などが点在しています。日本料理をはじめ、韓国料理や中華料理、その他アジア料理を中心に様々な食事を提供しているレストランなどは、飽きがこないでしょう。

ファーストフード店で面白いのは、ライスが必ずと言っていいほど付いてくること。フィリピンではケンタッキーやマクドナルドに行くとほぼ、99%の確率で小さなライスがトッピングされています。見た目もとてもおしゃれで、好みによるとは思いますが日本人も楽しめる内容・プライスになっています。

まとめ

セブ留学時にキッチン付きのステイ先はあまり期待しない方がよさそうです。あったとしてもかなり割高になりますし、本格的な調理道具は付いていないため自分で手配する必要があり手間がかかります。それでもどうしても・・・という場合にのみキッチン付きの学生寮やスーペリアタイプの部屋を検討するとよいでしょう。

キッチンがなく自炊ができなくてもセブ留学中の食事は大変充実していますので、過度に心配する必要もないように思います。心配であれば、こちらの記事で挙げた食に徹底している学校選びを行えばよいと考えます。
せっかくの海外留学では食事も楽しみたいポイントですので、後悔のないよう自分に合ったステイ先選びをしたいですね。

(最終更新:2018年9月3日)
CATEGORY :