セブ留学中の食事について

セブ留学中の食事について

フィリピン、セブ留学を検討している人にとって気になるリストの1つに「食事事情」があります。毎日のことでもあるだけに、セブでの食事はどんなものなのか、自炊はできるのか、語学学校附属の寮の食事は口に合うのか、いろいろと気になりますよね。

こちらでは、セブ留学時の食事について、3つのパターンに分けて詳しく解説しています。セブでの食事が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

学校併設の学生寮で食事する

まず、セブでは大多数の留学生は語学学校に併設されている学生寮に入ることになります。その場合、ほとんどの部屋において自炊のできる設備は非常に少数であることがわかっています。

大半が学生寮のカフェテリアや食堂で提供される食事を食べることになります。

メリットとして、コストが余分にかからないこと(食事代金は学生寮の生活費に含まれています)やサッと食事が摂れるので時間の節約につながる点が挙げられます。

留学中は勉強に集中したいため食事にかける時間はできるだけ短くしたいという方にはピッタリのプランです。

また、現地の学生や他国からの留学生との交流の場としてカフェテリアや食堂が活躍する場合が多々あるので、積極的にコミュニケーションをとってスピーキング力を伸ばしたい人にもとってもおすすめです。

注意点としては、学生寮によっては提供される食事が辛味のあるものであったり日本人留学生の口に合わなかったりする点が挙げられます。

フィリピンの語学学校の特徴として、韓国資本の学校が多くあります。そのため、食事も韓国食に近い辛味のあるものや香辛料をつかったもの、スパイスのきいたものなど韓国人留学生向けに作られていることも少なくありません。

辛いものや韓国料理が好きな方には大変好評ですが、辛いものが苦手な人は日本人にはたくさんいます。したがって、辛いものが苦手な人は事前に語学学校の食事内容を確認し食事から学校を選ぶといったことに注意することを推奨します。

ここからは、日本人留学生に人気のある「食事が美味しい」語学学校をいくつかご紹介します。

Howdy English Academy

ハウディでは日本人シェフが食事を作っています。熟練したシェフの料理は「美味しくて病気(食中毒など)にならない」と評判です。美味しさの秘密はフレンチレストランや香港、台湾などで経験を積んだプロの日本人シェフが細心の注意を払って食事を作っていること。

日本人留学生にはもちろんですが、他国の学生からも評判がいい理由がわかりますね。単なる「日本食」だけではなくフレンチ風や中華風にアレンジした日本料理を提供していることが他国の留学生からも評価の高い理由です。

基本的に、和洋中でローテーションが決まっていますが、1ヶ月ごとに違った食事をという方針なので1ヶ月以上同校に滞在する学生は毎月同じメニューを食べ続けるということがないのが非常に優れた点の1つでしょう。

また、Howdyでは「水」にこだわっています。食中毒を発症する留学生のほとんどが、食事に含まれる(料理の際に使用した)水が原因となって病気を発症してしまいます。

Howdyでは水はすべて軟水を使用し、さらに浄水器できれいにした水を使って野菜などの洗浄を行っているので、水に対するこだわりは群を抜くものがあります。Howdyで病気になる留学生は大変少ないと言われています。

QQ English

セブのQQ Englishも、食事が美味しいと評判です。3食ビュッフェ形式で、学生は他種類のおかずの中から好きなものを選んで食事をすることが可能です。日本人に馴染みのあるシチューや唐揚げなども提供されています。一方で、韓国人留学生向けのキムチや中国人留学生向けの中華なども提供されており、様々な国の学生から食事面での評価の高い学校です。

食事はオプションとなり、別料金(5000円/月)である点だけ注意が必要ですが、別料金を払ってでもここで食事がしたいと思える学校であるという高い評価が多数あります。食にこだわりの強い人や毎日違った料理が食べたいと思う人におすすめします。

3D ACADEMY

こちらもビュッフェスタイルで食事を提供しています。日本人向けのメニューが豊富にあることが人気の理由です。カレーや天ぷら、ビビンバなど日本人にも馴染みの深いメニューが揃っているので安心ですね。
また、こちらの学校では食事代金は授業料に含まれており別途支払う手間がないという点も評価されています。コスト面でも時間面でも節約可能であるということが大きな利点ではないでしょうか。

外食をする

「外食」と一口に言っても種類やコストは選択する店により様々です。セブにも日本人に馴染みの深いレストランやチェーン店などが複数ありますので、そういった店を利用してリフレッシュするというのも1つかと思います。例として、ケンタッキーやマクドナルド、スターバックスコーヒーなどが挙げられます。コストは日本で利用するより抑えることができます。

また、日本食をという場合にはセブの日本食レストランを利用するとよいでしょう。ただし、日本食レストランには安価な店から1食数千円する高額な店まで様々ですので、事前にコストの確認をしてからの利用をおすすめします。

反対に、セブのローカル料理を体験したい場合はローカルフードを提供している店がたくさんありますので利用するとよいでしょう。コストが安い点が魅力です。

ただし、チェーン店や日本食レストランより安価に利用できる反面、衛生面では注意を要する店も複数あります。衛生面を確認するためには食事をとってからではないと、という部分もありますので自らが危険を感じたらやめましょう。また、周りの留学生の評判などは大変参考になりますので、事前に行ってみたい店の評判をきいておくと安心です。

自炊する

セブ留学においては自炊設備の整った住環境というのが少ないことは既に書きましたが、全くないわけではありません。費用をかければ自炊設備のある環境を提供してもらえます。

学生寮のプレミアルームやホテルを利用する方法があります。

ただし、どちらも費用が倍以上かかる上、設備としてあるものの実際に調理するには料理器具が揃っていないところがほとんどで、自分で調達しなければならないといったデメリットがあります。

コスト面における理解と手間を惜しんででも、という気持ちがありどうしても自炊にこだわる人には有力な選択肢の1つであるといえるでしょう。反対に、コスト面や時間面で制限を要する人にはあまり向かないかもしれません。

まとめ

セブでの食事については、主に学生寮、外食、自炊の3種類の方法があります。

いろいろな面を考慮しても、やはり学生寮附属のカフェテリアや食堂などで3食提供してもらうというのが一番手軽で安価かつ留学初心者にはおすすめの方法ではないでしょうか。最近では食にこだわりを示す学校も多数あるため、学校選びの段階で食事について併せて調査しておくことでセブ留学時中の食事に対する不安も比較的抑えられるかと思います。

事前に積極的に調査をして食事面についても情報を集めることもセブ留学への準備として大切であると言えるでしょう。
病気にならず安心して勉強に集中できる環境を整えるためにも、セブでの食事について十分にリサーチして安心した留学生活につなげたいですね。

(最終更新:2018年10月6日)
CATEGORY :