安全な英語留学のために心がけること

安全な英語留学のために心がけること

親子留学やシニア留学などすべての世代での留学が盛んになってきています。

安全が確保されてこそ有意義な留学ができます。そのため「安全な留学」の実現のために心がけるべきポイントをご紹介しましょう。

滞在先のセキュリティ

留学時の滞在スタイルは寮、ホームスティ、ホテルなどがあり、個室や大部屋など収容人数も多種多様です。
その中で気をつけて頂きたいのがまず貴重品の管理です。寮の大部屋で違う部屋の友人なども自由に行き来している場合や、ホストファミリーが自室を掃除してくれる場合などにトラブルが起きないよう貴重品は施錠して保管するなど対策をとりましょう。

次に滞在する地域の治安も考慮にいれてください。同じ地域でも少し場所がずれるだけで治安が悪くなる場合があるので事前チェックをエージェントにて行いましょう。

最後に、セキュリティスタッフの有無や施錠方法です。滞在先によれば24時間セキュリティスタッフが常駐しています。施錠も完全オートロックで外部者が無断で入れないように工夫されている施設であれば安全です。
出かけるときだけでなく、帰宅した際に安心して暮らせるような環境作りを目指しましょう。

お金の管理

留学でのお金の管理をおろそかにすると生活費が確保できなくなってしまう他、アクティビィティに参加することができなくなったりと非常に困ってしまいます。

そこで気をつけるポイントは1つ目に、両替やお金を引き出す際は、まわりに不審な人がいないかきちんと確認するようにしましょう。

私が留学している際に、ATMマシーンが故障してしまい、カードが詰まって出てこなくなった他、現金もでてこず大変困ったことがありました。

休日にお金を引き出そうとしていたために、銀行もあいておらず警察に行って対処してもらうという大掛かりなことになってしまったので、お金をおろすタイミングにも注意しましょう。夜間に無防備にお金を引き出したり、大金を持ち歩くのも厳禁です。

お金や財布を手に持つことなく、きちんとお金を財布にしまってからATMを離れるようにしましょう。

2つ目に、お金の管理をしっかりすることです。ホームスティ、寮などと滞在先のスタイルに限らずお金の管理をしっかりしましょう。

ポイントは部屋に大金を置いておかないことです。残念ながら、共同生活している以上少なからずお金が部屋の中でなくなってしまったといったケースが報告されています。

健康管理

慣れない環境で生活することは自分自身が思っているよりも負担がかかります。

健康で快適に留学するためにも健康管理はしっかりしましょう。

まず1つ目に、留学する地域で流行っている病気はないか確認するようにしましょう。例えば熱帯方面の留学先ではデング熱が流行ってる地域や時期があります。デング熱にかかってしまうと、高熱や節々の痛み、発疹などの症状がでます。

デング熱予防のワクチンは残念ながらありませんがデング熱で入院する患者は非常に多いですので蚊に刺されないようにしっかりと対策することが重要です。

2つ目に、水には注意しましょう。日本のように水道水をそのまま飲める国は多くありません。

同じ国でも首都の水道水は安全でも離島では水道水は飲めない場合もあります。その国々の水事情を把握することで体調を崩してしまわないようにしましょう。

3つ目に、体調が悪くなった場合は早めに病院にいくようにしましょう。外国で病院に行くことが不安で病院になかなか行かず症状が悪化してしまうことがあります。

病院で症状などについて話してみることも英語力向上に繋がります。また、いざというときのためにも海外保険にはしっかり加入しておきましょう。

連絡先の整理

万が一の際にトラブルを相談できる連絡先をまとめておきましょう。

24時間トラブルを対処してくれるホットラインを設けている学校もありますので学校の連絡先は必須です。また、緊急で病院に行きたい場合に備えて病院の電話番号や位置も把握しておきましょう。

私は留学中体調を崩してしまった際にどこに病院があるのか分からず困ってしまった経験があります。

そのことからきちんと病院の行き方や連絡先をまとめることで友人が病院に行きたい場合にすぐ案内することができ、非常に感謝されました。

皆さんもいざという時に焦らないように連絡先と場所をまとめておきましょう。

病院の他、大使館や警察の番号も用意しましょう。補足ですが、海外生活に慣れていない方は国際電話のかけ方や国番号もしっかりおさえておきましょうね。

お酒の飲み方

留学生活で、特に週末はお酒を飲む機会が増えるでしょう。

お酒を飲んでリフレッシュするのは良いのですが、飲む際には量に注意しましょう。

はめを外しすぎて、貴重品管理がおろそかになってしまい酔いがさめたら財布や携帯電話が無くなってしまったというトラブルがよく報告されています。

特に、男性はポケットに貴重品を入れておいたはずがなくなっていることがないようにしましょう。

また日本人女性は留学先で人気があることが多いです。ついお酒を勧められて飲みすぎて危険な目に合わないようにしましょう。

そしてお酒を飲んだ後、普段ならタクシーで移動する道を夜中に歩いでしまう留学生がいますが絶対にやめてください。

私が留学中、留学生活最後の日のパーティでたくさんお酒を飲んだあと、一人で夜道を歩いてしまったところ通学路でもある道でひったくりに遭って怪我をしてしまうことがありました。

せっかくの留学生活を台無しにしないように自己管理はしっかりとすることが大切です。

詐欺に遭わないために

残念ながら留学生を狙った詐欺が多発しています。

詐欺の種類は多岐に渡りますが旅行会社でアクティビィティやツアーを申し込む際にはツアーの内容や金額、キャンセルポリシーなどあらかじめきちんと確認するようにしましょう。

当詐欺まがいな内容でトラブルに巻き込まれてしまう第一の原因に英語でのやりとりに慣れておらず、ないがしろにしてしまうことが挙げられます。日本人の特徴としてよく分からないことに対しても、YESをつい言ってしまいことがありますが、不明な点があれば拙い英語でも必ず確認して曖昧な返答をしないようにしましょう。

また、街でいきなりフレンドリーに流暢に日本語で話かけてくる人にも注意しましょう。挨拶や土産屋で簡単な日本語を話す程度であれば、そこまで神経質になる必要はありませんが、歩いていていきなり話しかけてくる場合は注意しましょう。

話しかけることで気をひいてその間に窃盗にあった被害も発生しています。

情報共有をしっかりとする

安全確保のために積極的に情報共有することをこころがけましょう。
留学先の危険なエリアや多発している詐欺の手口など、情報を積極的に取り入れようとすることで自分自身の行動を見直すことができます。流行している病気などもはやめに知ることで予防していきましょう。

まとめ

ちょっとした自分自身の心がけを大切にすることで留学生活を安全に過ごすことができます。

最初は緊張感を持って生活していても、留学が長期間になってくるとだんだんと油断してしまい大きなトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

留学をかけがえのない良い体験にするためにも自分自身でできる安全対策をしっかりとして、自分の行動に責任を持ちつつ楽しんでくださいね。

(最終更新:2018年10月6日)
CATEGORY :